症例報告

高校生 女性 バレエ・ダンスによる腰痛

2011.12.10

カテゴリー:腰の痛み » 腰痛

タグ:

幼少期からバレエをやっているのですが、高校に入学してからダンス部とバレエレッスンの両方をやるようになりました。中学生の頃と比べると、練習量がかなり増え、2ヶ月程前から腰痛を感じるようになりました。最近は、痛みで思い切り踊れなくなってしまいました。整形外科では練習のやり過ぎということで、しばらく休むように言われました。これまで腰痛の経験はなく、練習量は減らしていますが、ただ休んでいても回復するのか不安なので、何とかして欲しいと思い来院しました。


<初診時の症状>
①腰を反らした時の腰痛
②ジャンプして着地した時の腰痛
<施術後の経過>
初回のカイロプラクティック治療後、動きの最後で痛みは残るものの腰の伸展(反らす動き)可動域が広がりました。その後5日間隔で2回来院して頂き、伸展での痛みはなくなりました。それまでの間、激しい動きは控えていただいていたので、少しずつ練習の内容に負荷のかかるものも取り入れていってもらいました。1週間毎に来院してもらい、5回目の治療後からジャンプした後の痛みもほとんどなくなりました。練習の中に体幹部の筋力トレーニングも取り入れてもらいながら、1ヶ月に一回程の頻度でメンテナンス治療を受けて頂いています。
<担当カイロプラクターのコメント>
この患者さんの場合、腰と大きな関係を持つ股関節の動きが悪くなることで、腰部が過度に伸展して負荷がかかることで腰痛を引き起こしていました股関節の動きでも、特に伸展の動きが低下し、股関節前部の筋肉がかなり緊張していました。脚を伸ばしたまますっと高く上げる動きをする為に、脚の後面のケアは頑張ってやっていたようですが、股関節の前面や外側のケアが不十分だったようです。股関節の筋肉の緊張が緩むにつれて、腰の過度な伸展、負荷が減り、腰痛が軽減していきました。柔軟性がついた後は、弱い部分を鍛える為のちょっとした筋力トレーニングもやっていただき、より状態が安定しました。
バレエダンスをやっている方は、股関節の動きが悪くなることで、腰、股関節、膝に痛みを訴えることが多いです。痛み、身体の異変に気付いたらできるだけ早めに来院されることをお勧めします。 
バレエ ダンス 腰痛 東京 港区 虎ノ門

ボディケアマッサージ・カイロプラクティック・酸素カプセルならエーライフ神谷町プラス

平日日・祝祭日
10:00〜20:459:00〜17:45定休日

日比谷線 神谷町駅虎ノ門MTビル出口徒歩0分
東京都港区虎ノ門4-1-7 第一松坂ビル5F »MAP

症状ご相談フォーム
24h簡単ネット予約

03-3431-0671

営業時間:平日10:00〜20:45 / 土曜日 9:00〜17:45 »定休日

  • 時々変わる!おトクなキャンペーン実施中
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • 患者様の声
東京カレッジオブカイロプラクティック学校説明会

私達の母校の学校説明会です。ご興味のある方は是非。

整体・マッサージのエーライフ神谷町プラスへのアクセス

■エーライフ神谷町プラスへのアクセス

〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-7 第一松坂ビル5F
電話:03-3431-0671

日比谷線 神谷町駅
 虎ノ門MTビル出口徒歩0分

■ボディケアマッサージ・カイロプラクティック・酸素カプセルの受付時間

月〜金/10:00〜20:45(最終受付)
土/9:00〜17:45(最終受付)
日曜・祝日/定休日

カイロプラクティック、ボディケアマッサージの関連施設

関連施設

カイロプラクティック新御茶ノ水外来センター

カイロプラクティック新御茶ノ水外来センター

カイロプラクティック

千代田線 新御茶ノ水駅 徒歩すぐ
東京都千代田区神田

葛西ボディケアセンター

葛西ボディケアセンター

マッサージ、酸素カプセル、ゴルフによる症状をお持ちの方へ

ロッテ葛西ゴルフ2F
東京都江戸川区